« 2006年4月25日 | トップページ | 2006年5月1日 »

2006年4月30日 (日)

桜庭選手、高田道場退団!!

なんと桜庭選手が

高田道場から退団です。

前向きな退団で高田延彦さんとの関係も良好なことを

期待しております。

それに、最近の桜庭選手は強い。

シュートボクセアカデミーでの出稽古が実になって

打撃、ディフェンス能力が格段に上がりました。

この勢いでホイス・グレイシーを引っ張りまわしたあの頃の

強い桜庭選手が見たいです。

以下

サンスポより抜粋

“ミスターPRIDE”桜庭和志(36)が高田道場を3月いっぱいで退団、フリーとなったことが分かった。桜庭は98年1月の創立時から同道場に所属し、PRIDEでは数々の名勝負を展開。しかし、桜庭は自らの道場を設立したい意向などもあり、独り立ちを決断した。現在も桜庭は同道場で練習しており、道場関係者も「自分でいろいろなことに挑戦したい気持ちが強いため、独立となった。マネジメント関係などでウチから離れるだけ」と円満退団を強調。DSEも桜庭が引き続き主戦場をPRIDEに置くことを確認しており、ニュー桜庭の今後に注目が集まりそうだ。

Photo_196

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりK-1は楽しみ

やっぱり

ワクワクドキドキします。

PRIDEが一番好きな僕ですが、

K-1も、なんだかんだで大好き!

昨年のK-1ワールドチャンピオンが

セーム・シュルトになってからK-1を見直しました。

セーム・シュルト選手は他の巨人系選手と違い

スタミナ、スピード、テクニック共にあり

面白いんです。

サップ選手やチェ・ホンマン選手、曙選手は

ノロいし、スタミナが無いので

試合後半では魅力が半減してしまうんです。

そんなこんなで

部屋を掃除していたら

10年ぶりくらいに

プリンス殿下の探していたCDが

出てきました!!

掃除もしてみるモンデス!!

プリンス殿下の名前が謎のマークだった頃です(笑)

このアルバムは最高です。

「the gold experience」と言う名のアルバムです。

K-1ファンには

たまりません!

K-1がフジで放送するときの

オープニングテーマ曲

「endorphinmachine」が2曲目で

K-1エンディングテーマの

「gold」が収録されているんです。

とくに

「gold」の名バラードぶりは素晴らしい!!

やっぱりプリンス殿下は天才です。

Photo_195 「the gold experience」です。

プリンス殿下らしい

素晴らしいアルバムです。

超お勧めですYO!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K-1のルールは大丈夫???

K-1ラスベガス大会で

首相撲からの膝蹴りが禁止になりました。

掴みも厳しくとられます。

こうなったら、

ムエタイ系選手や

首相撲からの膝蹴りを得意とする

セーム・シュルト選手や

チェ・ホンマン選手の試合がつまらなくなります。

K-1を支えてくれてきたムエタイ系選手の存在も薄くなるでしょう。

たしかに

掴みによる膠着試合は多いのですが

その膠着からのがれ攻撃にする膝蹴りまで規制して、

前回の

セーム・シュルトvsピーター・アーツ戦は

つまらない試合となりました。

ブレイクが多すぎて

膠着よりもひどい試合でした。

セーム・シュルト選手に失礼なルールだと思います。

それに

レミー・ボンヤスキー選手や

アレクセイ・イグナショフ選手などの膝蹴りの見せ場が多い選手はどうなるんですか?

ついこの間までは、首相撲からの膝蹴りは2回まで有効なルールだったじゃないですか??

こんなんでいいのか谷川プロデューサー???

人気のあるチェ・ホンマン選手や

レミー・ボンヤスキー選手も抗議するべきだと思います。

首相撲からの膝蹴りのすばらしい魅力は

PRIDEのシュートボクセの

ヴァンダレイ・シウバ選手

マウリシオ・ショーグン選手が

証明しています。

谷川さんに

ヴァンダレイ・シウバ選手の

クイントン・ランペイジ・ジャクソン選手との

タイトルマッチでの

ヴァンダレイ・シウバ選手の首相撲からの膝蹴りの魅力を見せ付けたいです。

Photo_194

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月25日 | トップページ | 2006年5月1日 »