« レイ・セフォーvsフランソワ”ザ・ホワイトバッファロー”ボタ | トップページ | ミュージシャンズミュージシャン今剛さん »

2006年3月 6日 (月)

ピーター・アーツvsセーム・シュルト

この試合は

クリンチが多く

ちょっと残念な内容でした。

つかみが全くNGになったK-1ルールも

少し困惑気味です。

ムエタイ系の技術を持つ

選手の首相撲からの膝蹴りは

昨年までは2回までならOKのルールでしたが

これからはルール上ではグレーゾーンになります。

膝蹴りが上手いシュルト選手もこのルールに困惑し

クリンチしかできなく残念でしたね。

ムエタイ系の技も見たい!

Photo_35

イグナショフとかどうなるんだろう???

しかし

ピーター・アーツ選手の復活勝利もあり

面白くなってきました。

Photo_34

更に注文をつけるとすれば

全盛期のピーター・アーツのハイキキックが見たいです。

ハイキックと言えば昔はピーター・アーツでしたが、

今、ハイキックと言えば

やはり左ハイキックが強烈なPRIDEのミルコ・クロコップでしょう。

2004102900000032spnavispoview000_1

K-1 WORLD GP 2005 Video Games K-1 WORLD GP 2005

販売元:D3PUBLISHER
発売日:2005/12/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« レイ・セフォーvsフランソワ”ザ・ホワイトバッファロー”ボタ | トップページ | ミュージシャンズミュージシャン今剛さん »

コメント

はじめまして~^^
私YOUと申します。ブログ拝見させて頂きました。
K-1ピーターアーツが勝ったんですか?
今日のK-1見逃してしまいましたが、あのシュルトが負けるとは思いませんでした・・・他の試合の結果はどうなったのですか?何か面白い試合はありましたか?

投稿: YOU | 2006年3月 6日 (月) 04時30分

YOUさん、コメントありがとうございます。

とっても嬉しいです

大波乱ですねシュルトがアーツに負けるとは。。。

クリンチとつかみでシュルトがイエローカードを出され

減点されてしまった事が勝敗を分けました。

シュルトは、サップやチェ・ホンマン、曙さんのように

大きいだけでなく速く動ける巨人で

とても普段は温厚な選手なので

応援していたのですが。


PRIDEではヒョードル、ノゲイラ、ハリトーノフと

テイクダウン&寝技が上手い選手に苦渋を舐めさせられてきた

苦労人だけに応援していました。

他に面白かった試合は

レイ・セフォーvsボタの試合でしたね

元IBF世界ヘヴィー級王者のボタ相手に

ノーガードでパンチをスウェーでかわすところに

ファンを楽しませる素晴らしいスピリットを感じました。

レイ・セフォーの試合ははずれくじがありませんね。

投稿: たかみつ | 2006年3月 6日 (月) 05時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47960/930406

この記事へのトラックバック一覧です: ピーター・アーツvsセーム・シュルト:

» K-1 WORLD GP 2006 in AUCKLAND [白浜スポーツチャンネル764]
 昨日放送された「K-1 WORLD GP 2006 in AUCKLAND」の [続きを読む]

受信: 2006年3月 6日 (月) 16時17分

« レイ・セフォーvsフランソワ”ザ・ホワイトバッファロー”ボタ | トップページ | ミュージシャンズミュージシャン今剛さん »